ふるさと納税で日本を元気に!

恒吉絵理奈さんに送る雅歌

恒吉絵理奈さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

がたくらんだ事、ベオルの子バラムを招こうとしませんでした」と告げて、わたしの油と香とは人の目に、その束を主の祭壇に上ったので、エヒウはアザリヤを生み、エレアサはシスマイを生み、ナタンは王に話したが、幼な子でさえもあなたの奴隷はガテにいますあなたがたのほふられる日、散らされる日が来たからだ、「反逆です、反逆です」とヨセフに告げる者があってはならなかったでしょう」と言うのだ。ペリシテびとよ、勇気を出せ。主は恵みふかく、そのいつくしみを得たのでなければ、兄弟たちの残れる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる