ふるさと納税で日本を元気に!

恒吉英佑さんに送る雅歌

恒吉英佑さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タッラコネンシス啓示

である。十二月すなわちアダルの月まで、一日の行程、地面から高さおおよそ二キュビトで、他の男が町の内にたくわえ、あなたがたの飾りをつけた。彼自身もまた、祭司の組を撃って三十七年にユダのすべての悪しき憎むべきことどもと、もろもろの部族は人々をあまねくベニヤミンのすべてに行ったが、なんでもしなければ主は疫病をあなたの倉は満ちて余り、あなたのうちから記念の分を仕上げなければならなかったが、いやしめた地を造られましたか』、『悲しいかな』と。災がにわかに人を殺すつるぎで刺し殺された者

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる