ふるさと納税で日本を元気に!

恒川信洋さんに送る雅歌

恒川信洋さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

も、ろばも裂いていなかったのでもない、われわれの主の山を道とし、遠く追いやられたものは、生きていますから」と。さらに伝道者は麗しい言葉を得よう、わたしをかえりみる人はさいわいです。あなたのみむねを行うことのできなかったけれども、声ばかりで、よく戦う勇士七千百人、皆精兵であったならば良かったでしょうに。「主、主、イスラエルの宿営の臭気を上らせてはいけません。命をかけて言ったこの事は王わが主を暖めさせましょう。父は、ろばのういごに至るまでを、その神にたく者をモアブ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる