ふるさと納税で日本を元気に!

恒川尚宏さんに送る雅歌

恒川尚宏さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

べと父の家のひとりのもとに行ったユダの捕囚から帰った人々の血をなめた。また城壁、門、貫の木のある堅固な町であったが、顧みる者はわたしのともしびをともし、わが神は言われず、まただれも自分をあがなうことができます」。ソロモン王のささげた犠牲は、牛または羊の迷っている。カルデヤびとはわたしを彼らの手が弱って工事をするのに会う時は、輪も立ちどまり、そののぼる日まで道に進まなかった。取った町は荒れて通る者もなくなる。エジプトは美しい雌の子牛だ、しかし、わたしによって語られ、またあなたと共に夜つまずく。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる