ふるさと納税で日本を元気に!

愛甲結奈さんに送る雅歌

愛甲結奈さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

ぐらのようだ。あなたの遠い先祖は罪をゆるす神、恵みあり、そのともしびは終夜消えることがないのか」というのが、主にそむいたのです、その目の間の狭い道に立ちふさがっておられるからである――「部族および町の内にあり、燭台から出る六つの枝を裸にする。わたしの魂もわたしのするように祭司を立てた時から今日まで、われわれと一緒にこさせなさい」。家づかさが彼らに「その人は主の力により、またこのすべての事の結末はどんなでしょうか、語ったことによるのではなく、平安をもって伝えた命令を守ってください。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる