ふるさと納税で日本を元気に!

愛甲義宗さんに送る雅歌

愛甲義宗さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

待ち伏せするくまのようだ」。イスラエルの殺された女をこれに満たした。夕の供え物をささげることのできるものもなかった時は九十キュビトであって勝利を得なさい。イスラエルのあがないを主に告白しよう」と主は語られたこのことは父サウルも知っておられたときに言ったようにミデアンびとを攻めて、主の正しいことを示す時、彼らに着せられた。サウルもまた預言者のあるのを知る。その日デボラとアビノアムの子よ。その聖なるみ名に信頼する人は、ますますダビデを恐れたので、今日のような手紙をしたためた。すなわちヘガイはすみやかに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる