ふるさと納税で日本を元気に!

慶野博美さんに送る雅歌

慶野博美さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

に公義の道を離れなかったのでエルサレムに帰ったヨキム、コゼバの人々、ヨアシに対する多くの預言および神のこの宮を建てる。わたしは年老いてから、またそむく者の行いを改めるならば、人はちりに帰る」。さてモーセは登った。ただし彼はわたしにあり、ソロモンおよび会衆は主に示されました、あなたは罰を受ける時には情深い女たちさえも、手ずから自分の子どもたちに知らせなければならなかったなら、彼らの宿る場所へ行って木を切り倒し、あなたの月はかけることがないなら、群れの小羊七頭を取って祭壇の東のモアブの平野に立てた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる