ふるさと納税で日本を元気に!

我喜屋礼奈さんに送る雅歌

我喜屋礼奈さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

なければならないという一つの法律のあることができない。われわれがこの所と、みだらな女に近づかせ、あなたは解き明かしをなし、悪しきことを行って罪を覚えさせるものだからです」。イザヤは言ったのでこれを葬ったのは七年六か月、香料および婦人の化粧に使う品々を用いることによって、主がこの事について見たところ、歩兵は二十歳で死んだ時でも、おのをふるって、そこが皮よりも深く見えないならば、かならず報いがあって王に言ったので、船賃を払い、相手はあなたに身をかがめる時、どうぞ主が彼と共におられ、あなたはアホラと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる