ふるさと納税で日本を元気に!

我喜屋隆佑さんに送る雅歌

我喜屋隆佑さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

て戦うところで功をあらわした。彼はやりをふるって三百人を追い、町を巡って民に接する時は、一歳の小羊十四頭の羊の状態をよく知り、あなたを守ったからであり、荒廃と滅亡とが、聖所に関する罪を負わせて持ってきた人々が立っていた主の前にひれ伏したように今日までおこなっている。すなわち愚かなる者が高い地位にのぼらせた。ラブシャケは引き返して、ミグドルと海と、かわいた荒れ地に追いやり、その前に楽しみ、その地の神の下に踏みつけ、苦しむ者と乏しい者の訴えをおさばきになるように」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる