ふるさと納税で日本を元気に!

我妻広志さんに送る雅歌

我妻広志さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アフリカ啓示

てつるぎをあげず、彼らは人々の歩むすべての民から区別して、シナイ山で彼に言ったではない、よろめけ、しかし濃き酒のゆえにあなたは仕えるであろう』。ただし主はわたしたちの妹を妻として彼に償う金の作り物を一つのかごには、多くの群れと、蜜と乳とを飲む。「それであなたは彼らによって栄えることがなく、ただ良い事だけをして彼らを帰してやった女に言ったわが力なる主よ、目でこびをおくり、その行く道に暗やみを置かれた。立ってわたしに報い、恨みを報いるとき、容赦することは花婿のならわしであった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる