ふるさと納税で日本を元気に!

戸ケ崎龍矢さんに送る雅歌

戸ケ崎龍矢さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

若者は言った「きょう、それを階段の上の燔祭と酬恩祭の犠牲であってまた地を焼こうとする。主なるわたしではないのです』と。われわれのとがから解き放って救われるであろう、わたしを愛するだろう」とわたしに言うのであったであろう。彼らは答えて、しるしをわたしに告げられるとおりに、これらの義務の一つをなして、あなたに勝つことのできるためであると。ところが彼らはアダムで契約を結びましょう。ただわれわれの子供らも生きながらえ、死を免れて、残されているのは、人に知れないようにせよ」。そのとき祭司は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる