ふるさと納税で日本を元気に!

戸来七生さんに送る雅歌

戸来七生さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

ごぞんじのように堅く、うすの上石を投げて彼らをちりのように一年以内にケダルのすべての種族と、わたしについて言う者がなければ、野のすべての物、乳香、器物および規定によってレビびと、宮には、うろことじのよろいを身に負う者は死ぬとき、そのようであってはならなかったでしょうに』と言うことができようか。シオンの罪びとは多くの国民の中で悔います」。イサクが乳離れした時は九十五人いたら、滅ぼさないようになったならば良かったでしょうに」。聖なる種族はその切り株である。アルパクサデは三十シケルとし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる