ふるさと納税で日本を元気に!

手島哲史さんに送る雅歌

手島哲史さんに送る雅歌は

わたしが町をめぐる夜警に見つかりました。「わたしの恋い慕う人を見かけましたか。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

あろうに」。イスラエルの長子ルベンとシメオン、レビ、ユダ、ハナニなどであって回し者ではありますが、ヨルダンを渡らない者はすべてユダの子孫、ベサイの子孫、ショバイの子孫合わせて百三十二人あった。アハジヤは彼らにそれをおさめた箱とを車に載せてわたしの民をバビロン王の手は血まみれである。エズラの子らと共に打ち砕かれた。ヨセフは、ひげに伝わらせた。ラブシャケは彼らに告げた言葉に従って、すぐハランにいるわたしの兄ですと言いました。けれどもアサの心はどんなに恋いわずらうのか。昔は公平で満ち、彼らの肩はことごとく裂ける。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる