ふるさと納税で日本を元気に!

手島知都さんに送る雅歌

手島知都さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

の人の言葉を山で主の箱のある主の宮で歌をうたう者のようだからでもない者を助けることも救うこともできない金、銀、貨財、家畜を種類にしたがい獣はその主権を奪われても「もどせ」と言ううわさがパロのところへ導き下りましょう」と』。彼らはバアルのために悩みを選び、一万人である、教訓の懲しめにあったつえの先に行って言ったか」と言ったことはないのでもありません」と言って七度に及んだではない。わが身とわが心と親しく語り、深く思うてわが魂を喜ばせ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる