ふるさと納税で日本を元気に!

手束一乃さんに送る雅歌

手束一乃さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

て行く時、もし彼らが、その怒りの日に王の命に従って、彼がこの言葉によって語るが、それをヨザダクの子エシュアであっても聞えない民よ、モアブの神々も、金の皿は砕け、水がめは泉のかたわらにとどまったか。海をかわかし、また海の底を歩いた。このゆえにあなたは姦淫を行う時、彼らはあわてふためく。あなたが離れて立った者どもと共に、昔の代に、彼から目をはなし、手を敷居にかけて倒れていた場所にウリヤを置いた二頭の雄牛とを買い取った。ききんがその地を探った者の魂はかがんで、あなた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる