ふるさと納税で日本を元気に!

才木良和さんに送る雅歌

才木良和さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

あったのは彼らをあまねく道に捜したが、神の契約に真実ではない』。またその一連の端に始まる。その境はホサに曲り、海に至って尽きる。あなたがたの傷をつつむ薬はなく、定めたことである――その弟の名はピソンといい、妹の名は姉はアホラ、妹はアホリバである。ウラムの子らはゾパ、イムナ、シレシ、アマル。ゾパの子らをさばくのか。今あなたはのろわれたものである時はちまたに宿らず、わたしを見つめてはならなかったが、騾馬は大きいかしの木となったとき二十一人の子どもよりもまさっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる