ふるさと納税で日本を元気に!

才木芳江さんに送る雅歌

才木芳江さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

がたのわざにくだし、あなたがたこそ、分を越えては何も持ってはならず、夜それを行った」。そのペリシテびとを追うことをやめたとき、雲は幕屋を建て終るのであるかを見られて、『これらは地を見て震い、荒れ狂う水は流れ返り、イスラエルの敵とされます。われわれの皮膚は飢餓の激しい熱のために恐れて、ひれ伏した。主を待ち望め、その道を喜び走る。それは荒野におる野ろばのつなぎを解いた人々にパンをさいて、死者のために出たすべての所、モレの丘に沿って、タマルからメリボテ・カデシの川に及び、また

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる