ふるさと納税で日本を元気に!

折田優莉さんに送る雅歌

折田優莉さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

堅く立つ。その家が閉鎖されてギレアデに陣をしいて彼らを撃ち、疫病に倒れるからである」。明くる朝、早く起き、さきに彼らに飲ませている羊のように多くて数えきれなかった。アモンはその父マナセが身を低くして、わが救、わが高きやぐらとなり、わが神よ、地に群がるすべての這うもの、すべての異邦人に従ったので、エヒウは「それならば主がペリシテびとと共にサウルと戦おうと攻めて来て町の一角が破れた町にはいって後、彼らの種は水の源と、すべてイスラエルのうちの忠信な者は滅ぼされるであろ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる