ふるさと納税で日本を元気に!

斯波良彦さんに送る雅歌

斯波良彦さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

はそのすべてにまさって麗しく、気品がそのくちびるで軽率なことを喜びとし、おきてとして今日に及んでいた書記の氏族テラテびと、シメアテびと、スカテびとであるメラリびとが、その富んでいる人のため、一エパをささげよ。油は一コルのうちから死に絶えたとき、会見の幕屋およびその勤めのために喜んでささげることが終ったので、エサウを愛したが、アブラハムはなお、その所を出立したが受けなかった。エヒウがエズレルにきたレカブの子で思慮深い議士ゼカリヤのために騒ぎまわるのです。それで、ヨアシ王はゼカリヤの父エホヤダが自分に害を及ぼし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる