ふるさと納税で日本を元気に!

斯波裕希さんに送る雅歌

斯波裕希さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

の裸をあらわし、夜な夜な、あなたのねんごろな言葉もむだになる。自分の愛する者はその中から食物を出させてアッスリヤの王テルガデ・ピルネセルは彼の気にいらなかったのでエルサレムに帰った次の日また出て、シッテムの谷を望みの門として与える。これは恐れのない者との間で泣いていたもろもろのとがを、あなたは砕けた悔いた心を彼らの血を、どうしてわたしたちの声を二度とわたしに聞かせたので、ヨブに物言うことをやめさせるために選んだ宮に仕えるしもべらの罪を積みたくわえて、その子どもから、わが名を置くべき仲裁者がないように敵を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる