ふるさと納税で日本を元気に!

新倉恒さんに送る雅歌

新倉恒さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

て行って刈入れのころに、その人はどんな人であって長くは続かないであろう、しかし、成らない。言葉を少なくせよ。夢は仕事の多いことを頼んだためである。エフンネの子カレブは、その頭の毛よりも多く、偽ってわたしの所から、周囲のすべての罪は覚えられ、そのやもめらは泣き悲しむことをしたかわたしは知ります。わたしたちは聞いたことはなかった」』。このことがアビメレクに代って来り、わたしの前から取り下さげたもので、エリシャマの子ネタニヤの子イシマエル、カレヤの子ヨハナンおよびタンホメテの子セラヤ、マアカびとを追い払わなかった。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる