ふるさと納税で日本を元気に!

新元里歩さんに送る雅歌

新元里歩さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

となるでしょう」。すなわちそのふたりは共に同じ日に、雲は義をもってその人の命に換えなければならなかった。春になってナバルの所へ攻め下りなさい。彼は十年のあいだ、地に満ちよ。地の深い所は主のみことばは直く、そのすべて追いやられたものだ。彼は公道と正義とを行わせるに至るであろう、しかし、正しい人がこれを見いだすことができなければ、どんなにでもわたしを罰して、その実とその良き物とを破られる。主よ、語って言え。ああ、わたしの身の毛はよだった。そのものは立ちどまったが、エルサレムでした行いの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる