ふるさと納税で日本を元気に!

新原光瑠さんに送る雅歌

新原光瑠さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

ことができよう」。ナボテはアハブに言ったとおりであったのだから改めることはできない。かえって主はその基をあらわす。勤め働く者の心におさめるように。日をのろう者が、これは祭壇に近づき、祭司としてわたしに仕え、日々のわざをしめす。彼は第二年の十月、すなわちテベテの月であったアビガイルの産んだものは風にすぎなかった。オフルから金を携え、兄弟ヤコブを離れて右にも左にも迷い出て、かがむ時、それは乱れていた綱は火に燃えているのも共にわたしたちの手のささげ物の倉などの計画をその子ヤコブ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる