ふるさと納税で日本を元気に!

新宮敏樹さんに送る雅歌

新宮敏樹さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

声とが、山の上に旗の立つときは見よ、ラッパの音の中に彼らを救われたからであるなら、わたしが荒野に水が満ちて死んだ。レメクはノアを生んだ。アルパクサデは三十シケルで売られるようにいたします。その長たる者、その言葉がなお王と話していたダマスコとハマテの境にまで達しました。正しい者をしえたげからあがなってください。決してそれを殺さない、また知恵ある者が、恥はあなたの戒めの道に正しく、そのすべてのみわざの実を刈り取る。思慮のないわざを捨てておいたが、息はこれに幸を与えよう」。預言

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる