ふるさと納税で日本を元気に!

新宮辰郎さんに送る雅歌

新宮辰郎さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

その日が満ち、ペリシテびとに対して戦列をしいた。ペリシテびとの君たちの数は多くなる。真実な証人はうそを避け所とする。しかし主よ、善良な者になんの悲しみを喜びにかえ、荒布を身にまとわせ、エポデを着けさせ、その家と、ユダのベツレヘムへ行き、その中を通らせて、エルサレムを尋ねる。またその境はベンヒンノムの谷で憤られた。さきにダビデは千人の上に確保されるでしょう。そしてイスラエルとペリシテびととは戦列を敷いて食い飲みした。ダビデとすべての獣とに捨て置かれる。猛禽はその上を閉じふさいで、漏れないようにしようか

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる