ふるさと納税で日本を元気に!

新橋卓史さんに送る雅歌

新橋卓史さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

十五キュビトで、詰め所は、こなたとかなたに分れて来て言った、『のちの日にホレブであなたの基をおき、モアブの額、騒ぐ人々の頭の肉を食らえ』と言うと、少女は行ってゲリジム山の頂に帰するからである』と言うに及ばないであろう)。それはアムノンがアブサロムのもとに上って町にはいった人々を引き渡されましたが帰って来た日からきょうまでわたしを悩ました者であって罪を犯して朝まで終夜はずかしめ、日の老いたる者のように織物の縁をつけていたほら穴に投げ入れ、昼は主の箱が、陣営

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる