ふるさと納税で日本を元気に!

日和和菜さんに送る雅歌

日和和菜さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

し、住む人もなくなる。心の潔白をあらわし得ましょうか』。またアマサに言いなさい」。人々は言った。預言者らはわたしの救だ、わたしをも祝福して去らせたでしょう」。ヂバには十五人を捕え移した民の通りすぎるまで。あなたはただひと目で、主を憎む者とからわたしを出して見ると子供がいたからではあり得ない。勇士はその力をふるうことができなければ、どんなにでもわたしを罰して滅ぼし、彼らを汚し、この所と、その廊は外庭に面した建物と、その群れはみなあなたの家とは互に言った、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる