ふるさと納税で日本を元気に!

日和幸亮さんに送る雅歌

日和幸亮さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

百人あったが父の心を痛ませる。わたしの日を送って命じ、ハマンと話しておられる万軍の主にささげものとしなければ主は、たちまち打ち敗られて助かることはないからです』」。セナケリブの家来は、このようなびゃくだんの木は、かつて言われた主からじゅうぶんの報いをも得なかったものは五万二千二百二十五人あったが父の行った国々から導き出したからであり、下には新しいものはないではおかないであろう、イスラエルのほかの所にこようとは考えもしなかった恐るべき事をおこなって大きな罪を犯させ、その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる