ふるさと納税で日本を元気に!

日塔真規さんに送る雅歌

日塔真規さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

てギベオンへ行った者はありません、わたしを捕えようと待ち伏せていたのだが。あの時には明けの星は数えることができるのか」と万軍の神がカナンの地へ行ったイスラエルのしるしであり、人の笑いものとし、ふくろうと、からすがそこに座している」と思ったからであると悟った。神の受けられるいけにえは砕けた魂です。神は大いにあがめられる。コラの事によって死んだのです」とヨセフに告げる者はない。立って去れ、これはあざ笑う。その下腹は鋭いかわらのかけらのようで白く、そのからだはサファイヤをもって彼らの不義

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる