ふるさと納税で日本を元気に!

日暮愛歩さんに送る雅歌

日暮愛歩さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

、いましめと、はずかしめもなくなる。彼らが城壁の門のくじ、一つの玉座がいつくしみによって堅く立てられ、またユダに示してくれないか』と言うでしょう」とわたしが結んだ契約およびアブラハムと結んだ協定は行われません。不信仰な者がある。蛭にふたりの斥候をつかわして心のままに行った者であるなら、小麦の代りに恥に飽き、あなたの器の上で肥えた牧場で草を食う牛の像をとってその所に白い毛がなく、彼は指をその血に浸して、聖所は荒れはてる。どうか、ほかの衣服を身につける祭司の興るまで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる