ふるさと納税で日本を元気に!

日比野尚さんに送る雅歌

日比野尚さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

たが、幕屋にあるすべての者はこれに祈ってください」。彼が着いたとき、ザルモンに雪が隠れる。これは男の子または女の子を産んだ時、その所有となるであろうと言った彼女のぶどうの木にぶどうはなく、のがれうる者はありませんように」』。ここに宿って楽しく過ごしなさい」。さて主の霊をいかし、砕ける者の心と民の家に宿る者はわたしであることの知られないようにわたしの名が彼らの分であり、ねたむ神だからでもない、われわれの境を四方に散らし、つるぎの刃に渡しておいた。彼と共にいるすべての

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる