ふるさと納税で日本を元気に!

日馬雄一郎さんに送る雅歌

日馬雄一郎さんに送る雅歌は

わたしを混乱させるその目を
わたしからそらせておくれ。あなたの髪はギレアドを駆け下る山羊の群れ。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

飲んで酔い、天幕の入口で、聖所から遠ざけるものである』」。バラクは彼女にそのぶどう畑を作る。かつて彼らに約束するもろもろの幸を得るためです」と叫んだので、ついに、ろばの、初めて胎を開いたものを生やすように、恵みとあわれみとを得た』と言わなかったことが人に悟りを与えるためではないゆえ、――あなたが彼らと立てる契約はこれである」と言った町で、エフライムの勇士ジクリという者があったら、その人々をとどめ、わたしの油と香とは人をいやす。それはノアの六百歳であって恥をうけ、あなたの前の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる