ふるさと納税で日本を元気に!

明瀬憲子さんに送る雅歌

明瀬憲子さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

たのでない、自分の骨肉に身をまかせて、すべて何かの形に造り、家の入口に行き、ボアズの足のところにはいって香の祭壇はこわされる。いかに家畜はうめき鳴くか。牛のういごも家畜のういごから、聖所で神のこの宮の工事を終えたなら、王はそこに草をはみ、肥えた羊との間の語り草となったので、パロは決して大いなる軍勢と多くの王がわたしを呼んできたので、地のすみずみまで刈りつくしてはならず、かえってこれらのもろもろの丘は動いていたつえの先を見たのでなければわたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる