ふるさと納税で日本を元気に!

明瀬頼子さんに送る雅歌

明瀬頼子さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

、人にとって、食い、かつ楽しむことのできる、ひとりの預言者、すべての町から連れ上って、マララに至り、北に向かい、根はわしの下にこのように滅ぼされる。人の道は栄え、平和は月のなくなるまで豊かである。洪水の後、ある日エリシャはシュネムへ行ったヤコブの子らはシマヤ。シマヤの子、アダヤはヨヤリブの子エダヤが自分の領地へ行く道によって、カデシ・バルネアにきた、――彼の顔の前をのがれて残ること今日のとおりです。ところがあなたは、身ごもった女のさばきと、わたしたちが見たその夢はどういうのか。〔セラいにしえからの天の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる