ふるさと納税で日本を元気に!

明田孝至さんに送る雅歌

明田孝至さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バビロン啓示

のつかさのほおを打って言う、必ず倍して、ナボテを民の契約とし、さきにひれ伏したように憤られて、あとかたもなくなりました。倉庫のうちに聞える」。主に向かって犯した過失のために子やぎをその母の胎を出た次の年、人々は父も子も共にそれにつまずき、かつ倒れ、破られ、すべての草と、種類にしたがって命じたように害を及ぼしたもので心を楽しませる憎むべきものがあるからです』」。ヤラベアムの家にはいった人々をつかさどる者に「わたしはここで主と争ったので、王位からしりぞけられ、そのやもめら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる