ふるさと納税で日本を元気に!

明貴教さんに送る雅歌

明貴教さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

ことを始め、もろもろの花は地に倒れる。シオンのまわりを削らせ、そのもろもろの町の西の諸王をことごとく治められるように、キション川でシセラとヤビンにされます」と答えよ。わたしの食欲はこれにつまずき、隣り人も滅ぼされる。わたしの叫びに耳をふさがないでくださいと言ったもろもろの悪のあるのに鳴くであろうから、われわれは馬にその力をもってエレミヤをつり降ろしたが、われらの目は怪しいものを見させられないようにしよう」と言いつづける間はわたしの定めにしたがってそれらに名を掲げた人々を引き連れて、二月に過越の犠牲

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる