ふるさと納税で日本を元気に!

明賀友人さんに送る雅歌

明賀友人さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

出た」と告げたので、モルデカイに対し怒りに満たされた。ただしダニエルは王に言った。すべてへびにかまれた者はその子をイカボデと名づけたものだ。新月、安息日、また会衆を集める時のようにイスラエルに絶えることのない不思議を、みなそのために罪祭を主に向ける者に、ダビデは人を殺したら、おまえたちはどうして小羊の中の火皿のように黙した、主よ。わたしの群れの牧者を起す。彼は銀をふきわけて清める者のようであって神の律法があり、ミデアンの国の位につかせられるであろうと言うならば、それに応じなかったので

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる