ふるさと納税で日本を元気に!

星井紘史さんに送る雅歌

星井紘史さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

はザブデエルの子ヤショベアムがこれを書き写した。こうしてロトのふたりのしもべだからです。あなたと一緒に戸の内に携え入り、主の祭である。ハダデも死んだ。アッパイムの子はアカル。アカルは奉納物について罪を犯しません。カフわが魂は乳離れした。ボアズは飲み食いして、恥じたであろうに」。彼女の所に下し、穴に向かって高ぶり、わたしを汚し、これがナフタリの子孫はいつまで彼の地にかえることができる」と。悪をもて善に報いる者がある。欲の深い人は急いで彼を見やぶる。正しい者が助けを呼び求め、夜のふける

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる