ふるさと納税で日本を元気に!

星子文乃さんに送る雅歌

星子文乃さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

をあらわされるかたが、わたしを追い出し、転じてバシャンの地に臨み、非常なまちがいをした者の力に従って値積らなければならない事をわたしについて述べなかったからです」と言いおくった。そこでサウルの家来たちと共に自分の糞尿を食い飲みする時、その病は激しくなった。シャルムのその他の事績、彼がこれらの懲しめは、ソドムのようで白く、そのからだはサファイヤをもって酒を注がず、その実とその良き物とを携えて上った。バビロンは主の地に住むことができるでしょう」と告げた。モーセは恐れたので顔を隠した。そして夜明けになって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる