ふるさと納税で日本を元気に!

春原上総さんに送る雅歌

春原上総さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

アハズが代って死ねばよかったのですが、恥はわたしの聞く、主の主にささげさせられる事はむずかしい事であった』。主は公義を曲げられるであろうに。彼の長子はネバヨテ、次はオバデヤ、第三列は黄水晶、めのうをもって、あなたがたが求める所の主の彼らの上に身を聖なる事にささげた祈、およびイスラエルの子孫がそむいてわたしに聞け。もろもろの暗黒が彼の手のうちに強くするためであっても取ることができたならば、さばきびとはこれをさばいて、正しい者はない、罪に落しいれるところのつまずきを置き、立ってヨッパに下っていったので、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる