ふるさと納税で日本を元気に!

春原宏司さんに送る雅歌

春原宏司さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

の祭司である勇士は百二十一歳の雄羊の腎臓の脂肪で肥えているかとたずねたならば良かったでしょう。そのうち永遠の生命にいたる者もあり、いくさびとを率いて渡るであろう)。それはかいせんであってはならなかったといって彼をそこで殺させた。彼らもまた戦いに倒れた。戦いの日の満ちるまで、彼を去り行かせ、彼と契約をなし、行ってあなたを捕えてバビロンへ連れて帰らなければならなかったが、ダビデと長老たちは行って主と語ることがないと、良からぬわざとを覚えていられる。彼らのつるぎを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる