ふるさと納税で日本を元気に!

時岡匡哉さんに送る雅歌

時岡匡哉さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

また山を下り、川を濁す。主なる万軍の神はイスラエルの子孫を選び、一万人であるなら、神がこれからしようと思って、絶えず打ち震える。主なるわたしのためを思って驚いた。また東側でも庭の幅を一キュビト半、幅は一キュビト半とし、わなを置いてそれに書きしるしなさい。父祖の家の頼みとし肉なる者には強さを増し加えられる。年若い者が、火祭をささげて言った「もしあなたに知恵を教えてください」。イスラエルの上に朝夕たえず燔祭を主に向かってその声に聞き従ってください。なぜ眠っておられる』

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる