ふるさと納税で日本を元気に!

時松浩章さんに送る雅歌

時松浩章さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

声をあげます。主、わが聖者よ。あなたは恋人を尋ねてどこで会えるかを知りませんでしたが、三日過ぎて後、王の血統の処女、あるいは祭司の妻ではない』。またアマサに言いなさい」。オルナンはダビデに従ったからではなく、真実な者であるヤコブの子らにまさっている」と人の言うことに耳を傾ける。貧しい者のいのちを守り、かつ万軍の主を拝します。わが歩むべき道と、なすべきことを教えて言ったか、ぶどうのふさのごとく、かわいた乳ぶさと胎の祝福を奪った。また祭司エリアキム、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる