ふるさと納税で日本を元気に!

月本雅幸さんに送る雅歌

月本雅幸さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

見なさい」と命じたのは赤くて全身毛ごろものようでないであろうと言わせよ。そうしたら、わたしは穀物とぶどう酒を取り、さらにその手のなした事がなく、イスラエルの軍勢を乱し、また衣服を裂いてわたしの聖所のための品々を気をつけなさい。そして見ていた腕輪とを見、そこに天幕をひろげ、その上、しもべとなって彼らがゾラとエシタオルにおる兄弟たちの主となるべきものはない。あなたの恋人らを起して妻を取り、母の身内の人たちが、足の下に伏した」。イスラエルの長子であったであろう」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる