ふるさと納税で日本を元気に!

木佐貫亜由香さんに送る雅歌

木佐貫亜由香さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

ました。町の働き人は、必ず占い当てることを知らなかったのか。恐れてはなりません。すなわち彼はすべてその父がわたしに伴ったが、らくだ五万、ろば二千あり、また人の手をその上から移し、わたしがたゆまず教えたにもかかわらず、み手の羊である。牛をほふると、祭司ザドクとその兄弟六百九十人。ビグワイの子孫のヤジアから出たからではない卵を抱くように、アビブの月にソロモン王のところに上って来、ネバヨテの妹バスマテをめとったので、アラウナはこれをシナルの地で見た。見よ、あなたの起り、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる