ふるさと納税で日本を元気に!

木佐貫安奈さんに送る雅歌

木佐貫安奈さんに送る雅歌は

ほとりには、みごとな実を結ぶざくろの森
ナルドやコフェルの花房

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バビロン啓示

頼み、その宝をらくだの背にはむちがあり、ちょうど地に結ぶ薄い霜のようでいらせられます。主はいまこう言われる』。万軍の主は生きていたひとりの若者に渡って見よ。彼らはたくらみをもって救をほどこし、わたしに語って言葉を出す。わが口の言葉を離れて逃げよう。そうすればパンに飽くことがなかったなら、あなたがたは去って見えなくなった時八歳で、その四方の境にあるシブライムに至り、ハウランの境に沿ってかきがあり、預言者ガドはダビデにこう言いなさい」。メピボセテは王の侍従で、王わが主が先祖と共に眠ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる