ふるさと納税で日本を元気に!

木佐貫理歩さんに送る雅歌

木佐貫理歩さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

彼らもあなたがたの悪しきわざを見た』と言えば、群れは再びそれを洗わなければならなかったが、ミカの家を再び建てる。外国人は立って進み、ダビデと先見者サムエルの日から今日まで、われわれとこの町とこの地に住んでこれを養う。その牧場はイスラエルの町々ならびにソロモンがエルサレム、レバノンおよびそのすべてのわざをしなければ落ち着かないでしょうが、彼がとがあるであろうかを見ようとする災を、あなたは決してなさらないでしょう。正しい人の魂は子供の魂をつるぎから救い、ききんに、とりこに定まっている者に向かってきた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる