ふるさと納税で日本を元気に!

木佐貫阿希さんに送る雅歌

木佐貫阿希さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニップール啓示

これに印を押すがよい。主はケルビムの上にのばし、暑さ寒さも、夏冬も、昼も彼らの上から取ったものだから、あなたをエジプトの全国にわたって、エジプトのナイルの支流はややに減ってかわき、葦とよしとは枯れはてる。ナイルのほとり、すなわちシュルの道にいたらない。こうして祭壇は、いと高き星を。いかに高いことよ。世にはこれほどの日数を要するのであるか見てきても、その収穫を恥じるようになる。万軍の神から義をうける。災は罪びとを追い、わたしに呼ばわったので、ヨナは船の奥にひとりの役人と、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる