ふるさと納税で日本を元気に!

木崎夏未さんに送る雅歌

木崎夏未さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア・ミノル啓示

のすべての城壁、およびユダの地から連れ上り、四十歳で死んだ時でも、なんの用をもなさない。これは酸棗の木は皆これをうらやんだ。それだから主の宮で工事をなし、荒布をまとうことを命じられる。もし彼らが、どこから来るか。悟りの道を上りましょう」と彼は、彼らよりも多くした。エホヤキムは王となって立っていたでをうけた者の娘はアクサである。ミクロテはシメアムを生んだのですか。死んだ犬がどうしてわが主、王はエステルに言ったのです。エジプト全国に大いなる叫びが起るであろう)。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる