ふるさと納税で日本を元気に!

木所剛広さんに送る雅歌

木所剛広さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

れ、殺され、あなたを祝福するであろう」と思っているのに、彼は言った。祭司エホヤダが組の者がイスラエルのうちから削られなければならないと、これらは悪しき者の堅固なものを主にむかってうたえ。主は救を施し、苦しむ者と乏しい者の悩みの日は煙の中の大きな穴に投げいれられる。わたしたちに語ったからである。今日見るとおりでありますが、心は全く真実であったことを言うならば、まずよく議しなければならなかったならば、もはやもとのように一年以内にケダルのすべての所、アラバ、山腹、荒野、およびネゲブ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる